2022.06.07

dan編集部が行く お買い物たび!

special issue

あなたが1番好きなものって何ですか? 本や音楽、スイーツにカフェ・・・どれも好きだけど、1番は「雑貨&洋服」と答える私(編集部C)です。(この2つは選びきれない…)今回は南から北までブーンとドライブしながらショッピング。 一緒にお買い物をしている気分でお楽しみください♪

*取材は2022年4月下旬〜5月上旬に行ったので、在庫がない場合があります。ご了承ください。

「うわぁ〜広い!」階段を上がるとたくさんの商品たちが目に入り、1歩入った瞬間ワクワクする。カゴが多いのは、オーナーさんがカゴ好きだからだそう。流行りよりも、自分たちが好きなものにこだわって仕入れているらしい。店内には生活に溶け込むような雑貨が多く、どれも手ごろな価格帯なのもうれしい。布ものや帽子などもあって、隅々まで見たい私にはたまらない場所だった。

種類も大きさもバラバラなカゴたち。これにあれを入れて・・・と想像がふくらむ。

花器もたくさん。どれにしよっかな〜?

オーナーさんお気に入りのベビークーハン。家庭用だけでなく、撮影にも重宝されるそう。6,980円。

 

かわいいバスケットを発見。取っ手が革になっているのがおしゃれ!2,980円〜。

ロッタハウス 淡路島

徳島の人気雑貨店が昨年淡路島に移転オープン。生活になじむものをセレクトした商品はどれもナチュラルなものばかり。お子さんと一緒に参加できるワークショップも人気。

南あわじ市広田広田865-1
(maaru factory2F)
☎088-635-6272
10:00〜18:00
不定休
IG:@lottahouse_awaji

入り口で靴を脱ぎ、家に入るような形でお店へ。店主さんはもともとヴィンテージシューズのコレクターで、趣味がこうじて仕事にしたらしい。私が好きな北欧のフィンエアーとのコラボ商品があったので、履かせてもらった。サイズもぴったりでかわいい!足元が変わるだけでこんなに気分が変わるなんて。ヴィンテージならではの風合いがもつ1足1足に心惹かれるひとときを過ごせた。

\これも気になる!/

ズラリと並ぶコンバースたち。欲しいものがあってもサイズが合うかどうかはその時の運次第なんだって。子ども用の靴もあったよ♪

海外でバスケのコーチが使っていたという「COACH」のコンバース。

コレクトするきっかけになったコナソーシリーズも見せてもらった!(非売品)
歩くと恐竜の足跡がつくなんてなんてチャーミングな発想!

店主さんとのおしゃべりも楽しい♪

freestars

洲本レトロこみち内にあるヴィンテージコンバースを取り扱うお店。試し履きだけでもOKで、入荷状況はインスタにてお知らせ。となりの併設スペースでは、ハンドメイド雑貨の販売も!

洲本市本町6-1-38
☎090-6236-1437
11:00〜18:00
定休日:月曜(祝日の場合営業)
IG:@freestars.shop

アンティークショップやカフェが並ぶ、緑ゆたかな複合施設

SHEVRON PLACE

※SHEVRON、Rocca共に6月上旬頃まで道路整備のため、工事を行っています。
営業状況の詳細は各店舗のインスタグラムをご確認ください。

まるで海外に来たような、そんな空間が印象的だった。白を基調にした建物で、並んでいるのはどれもヴィンテージのものばかり。ドラマや映画の撮影で使用しそうな大きなライトや、イス、家のカギなど、ちょっと古びた感じがかっこいい。おすすめの琉球ガラスでできた飾りを見せてもらった。家のインテリアにアクセントとしていいかもしれないなぁ。

コップのカラーもアメリカンな雰囲気。1,760円〜。

ひとつひとつ表情が違う琉球ガラス。ブラウン、クリア、グリーンなどの色もあったよ。4,180円〜。

\革ものも気になる〜/

SHEVRON

神戸のトアウエストで創業し、店舗デザインや施工をメインで行っているSHEVRONのアンティークショップ店。

淡路市下司1521-21
☎なし
11:00〜17:00
不定休 IG:@shevron_awaji

SHEVRONから少し下るとRoccaへ。手前のお店はヴィンテージの食器が多く、オレンジの照明の空間がとても好みだった。つづいて奥へ。ここには食器だけでなく、イスなどの家具やブラシ、ほうきなど日用品も発見。どこもかしこも絵のような美しさで、見るだけでも楽しい。店外にはアンバーガラスの商品もたくさん。この洗練された空間がとても素敵だった。

美しい柄のカップ&ソーサーはロイヤルコペンハーゲンのもの。4,950円。

ブラインドブラシ3,300円。ウッド好きにはたまらない。

\看板ヤギのベルちゃんもいるよ♪/

Rocca Awaji

イギリスのヴィンテージ食器やアンティーク家具を扱うwebショップ唯一の実店舗。

淡路市下司1591-9
☎なし
11:00〜18:00
定休日:火・木曜
IG:@rocca.awaji

鳥のモチーフが好きな私。手に取るものは自然と鳥のものばかり。店主さんに聞いてみると、「鳥が好きなひとが多いから取り扱っているんですよ」と。そうです、私のことです(笑)。食器、文房具、ドライフラワー。数ある商品はどれもキュンポイントにストライク。雑貨屋さんの好きなところは、一度にたくさんの雑貨を見たいという夢をかなえてくれるところだと思っているので、すごくうれしかった。

和でも洋でも合う、和食器はHANA TO HAのもの。550円〜。

今人気のアデリアレトロのグラス&一筆箋を発見!(グラス)770円〜。(一筆箋)440円。
レトロかわいい~!

レトロな黄金色のアルミ雪平鍋が今人気なんだそう。2,200円。

淡い色がなんともかわいいドライフラワー♪

生活雑貨の店 mint

雑貨好きな店主さんが念願のお店を約30年前にオープン。もともとはアメリカンカントリー雑貨がメインだったが、近年は日本のものも取り扱うように。娘さんと仲良く経営中。

淡路市佐野400-2
☎0799-65-0224
10:00〜17:00
定休日:日曜(月2回)インスタグラムにてお知らせ
IG:@keiko.takao.5099

「仕入れは自分の目で確かめたいから、海外の展示会に行くんですよ」ととても楽しそうにお話する店主さん。ひとつひとつの商品への愛と、商品に対しての想いをすごく感じる。エコをうたう時代だからこそ、長く大切に扱うことをとても大事に思っている姿勢に、とても感銘をうけた。ついつい手ごろな洋服を買ってしまっていたけど、今度からはちょっと良いものを着ようかな。

店主さんが一番大切にしているブランド「ALBUM DI FAMIGLIA」。肌ざわりがとてもよく、お母さんが子どもを抱っこするときに気持ちいいという声があがるほど。大人用も展開中でこちらも素敵だった。(写真1枚目)

ブルガリアのアンティーク扉は大阪で見つけたもの。まだお店ができていなかったが、一目ぼれして購入したそう。

homspunのトップス。白のトップスはたくさん着まわせそう!

ピカソのポスターはバルセロナで購入したもの。こんなやわらかいタッチのピカソはじめて見た!

\ ハロー! /

入り口でBOBO CHOSESのリュックが出迎えてくれた。

コップもかわいい♪

Si Tu Veux by the sea シチュヴバイザシー

神戸で子供服を中心に取り扱っていたが、景色のいい気持ちいい場所でと、淡路島にも新たに店舗を構える。朗らかでチャーミングな店主さんとするお話も楽しい。

淡路市久留麻79-2
☎なし
営業日時はインスタグラムをご確認ください
IG:@situveux.japon
(日曜は前日までの予約制)
問い合わせはメールにて:
si.tu.veux.1999@gmail.com

<撮影:ぽん・チル子/文:チル子>

情報は2022年5月上旬時点のものです。
写真・イラストの無断転載はお控えください。

ダン編集部

この記事を書いた人

ダン編集部

淡路島の地元情報誌ダンの編集部です。


special issueの他の記事